トップ > 会社情報 > 弊社の取り組み > 育児支援制度

弊社の取り組み

育児支援制度

手当等1

出産・育児を理由に休んだ期間は、会社から給与は支給されませんが、社会保険・雇用保険から次の手当などを受けられます。

出産したら

  • 【出産手当金】
    産前産後休業期間(出産日以前42日間、出産後56日)中は、会社から給与は支給されませんが、健康保険から休業前給与の約3分の2の手当が支給されます。
  • 【出産一時金】
    分娩費用として1児につき最大で42万円支給されます。
    ※抹養している妻がいる場合も同額が支給されます。

育児休業中

  • 【育児休業給付金】
    育児休業(出産後57日~原則、子の1歳の誕生日まで)中は、会社から給与は支給されませんが、雇用保険から手当が支給されます。[ 下記参照 ]
    ※健康保険料、厚生年金保険料が免除
    ※育児休業を取得する男性も同様
    1歳6ヶ月になるまで育児休業の延長が可能(保育所を希望しているが満員で入所出来ない場合)

出産から職場復帰までの流れ

育児休業開始から180日目まで休業開始前の賃金の67%を支給し、181日目からは、従来通り休業開始前の賃金の50%を支給します
※母親の産後休業(出産日の翌日から8週間)は育児休業給付金の支給対象となる育児休業の期間に含まれません。

職場復帰したら

  • 【保険料の減額】
    時短勤務により給与に変動があったとき
  • 【年金額の特例】
    保険料は安くなっても、将来受取る年金額は休業前の水準のままとする特例を受けることができます。

注意点

  • 育児休業の申請・変更は人事課へ育児休業申請書の提出が必要です。
  • 健康保険・雇用保険の手続きは申請期限を過ぎると受給できない場合もあります。早めに提出しましょう。

アンケート

全女性社員を対象とした、あったら安心な福利厚生アンケートを行いました。

女性社員対象 福利厚生アンケート 実施賛成
1 育前休暇の拡大(法定6週前を12周前からに拡大) 87.5%
2 育児休暇の拡大(法定12か月を13か月に拡大) 82.5%
3 短時間勤務制度(例えば6時間勤務の導入)
【結婚・妊娠・育児・介護に利用可】
95%
4 ホリデー休暇制度(6連休) 75%
5 【小売】日曜特別休暇制度
(アパレル販売員も日曜に必ず休暇が取れる制度)
55%
6 キッズプラン10制度(子供が10歳になるまでの支援制度) 92.5%
7 キッズ休日(有給休暇、公休とは別に年4回) 7.5%
8 キッズ時短(4時間勤務) 12.5%
9 育児費補助(最大3万円) 15%

※2013年1月実施

産前・産後休暇、育児休暇はもちろん、上記福利厚生も導入検討中です。

育児休暇制度を利用したスタッフの声

Q.イチオクの特別休暇制度で、安心な点はどこですか?
最大1年半まで育児休暇〔保育園が1年で決まらない場合〕がとれることと、社会保険の制度がしっかりしているので、2ヶ月に一度国からの支給がもらえることです。
周りのママに聞いてもこの制度がない会社もあるため、会社を辞めてしまう人も多いそうです。
Q.育児休暇を終えて仕事復帰するときに、不安なことはありましたか?
やはり、家事と仕事の両立ができるか不安でしたが、時短制度があるおかげで多少は解消されています。

※佐藤さんには現在、1時間短縮でお仕事に就いていただいています。